【 よく読まれている記事 】

結婚は人生の墓場だ!男性が指摘する理由7つ 女性としての対処は?

結婚

結婚は人生の墓場 よく言われる言葉です。

女性も男性もうなずく方は多いのではないでしょうか?

この記事では男性目線で「結婚は人生の墓場」と思ってしまう主な理由を7つ紹介します。

この中には結婚することである程度は仕方ないものもありますが、妻に対する意見も多いです。

婚活してせっかくいい男性を見つけたと思ったのに逃げられてしまった!なんてことのないよう参考にしてお気をつけください。

 

「結婚は人生の墓場」と言われるが

「結婚は人生の墓場」の“墓場”という言葉は、元々は安住の地、安らげる場所という趣旨で使っていて「結婚は人生の墓場」は本来は良い意味だったそうです。

でもそんなことはどうでもよくて今では“結婚したら人生もおしまいだ”とネガティブな意味で使われています。

これは、大好きな相手と夢と希望を抱いて結婚したら現実は違っててガッカリした既婚者の本音かもしれません。

あるいはそんな話を既婚者から耳タコで聞かされた独身者が、結婚とはそういうもんだと思うようになったこともあるのでしょう。

いずれにしてもこれは男性、女性、どちらの視点でもあるようで、お互い様と言えばお互い様です。

 

結婚は墓場だと男性が思う理由7つと女性の対処

では男性目線で「結婚は人生の墓場」と思ってしまう主な理由を7つ紹介します。

この中には結婚することである程度は仕方ないものもありますが、妻に対する意見も多いです。

付き合ってる彼と結婚まで考えているなら、心に留めておくことをお薦めします。

 

制約が厳しい

これはもう結婚した以上ある程度は仕方ないことではあります。

独身時代は自分が仕事で稼いだお金は自分の好きなことに自由に使ってましたし、時間も自分の好きなことに費やすことができました。

しかし結婚すると多くの男性は妻に家計をコントロールされ、自分が自由に使えるお金は小遣い制で結婚前よりも大幅に減ります。

そして子どもが生まれたら、さらに小遣いにシワ寄せが来るのです。

また事前の予想を忘れがちなのが趣味関係です。

独身時代に何かのコレクションをしてて、それがある程度の場所を必要とするものの場合、結婚後に妻に処分を迫られることがあります。

また人によっては自由に恋愛できなくなることも窮屈に感じるようです。

なお結婚して制約が厳しくなるのは男性だけでなく女性も同じです。

しかしこういったことは妻が主導的に決めることが多いので、せめて夫だけ厳しくしているような印象を与えないことが大事です。

 

責任が重い

男女とも仕事を持つのが当たり前の世の中になっているとはいえ、家族の経済力の中心はやっぱり男性が担うことが期待されています。

したがって男性からすると結婚で制約が厳しくなるにもかかわらず責任は重くなるのです。

たとえば独身のころは自分の身一つだけのことを考えていればよかったです。

しかし結婚すると自分と妻、そして子どもが生まれたら子どもも含めて家族全体についての責任が男性の肩にのしかかってきます。

まあこれらのことは男性としても結婚する時点で意識としては織り込み済みのはずです。

妻としては家族が感謝していることを折に触れて夫に示すことを忘れないようにします。

 

結婚したら妻が変わってしまった

結婚前の交際しているころは、あんなに優しい輝いている女性だったのに結婚したら変わってしまったと思う男性は多いです。

生活を共にすることで妻の今まで見えなかった部分が見えるようになったことが大きいのでしょう。

妻も遠慮が無くなり、言いたいことをストレートに言いいますので、男性からすると妻の性格がキツくなった、怒りっぽくなったと感じるようになります。

ちょっとしたことで文句を言われたり、グチを聞かされたり、男性からすると妻の機嫌を損ねないための苦労が大きいです。

「こんなはずじゃなかった」と理想と現実の違いを思い知ることになります。

妻としては夫の気持ちを思いやる心遣いがあるといいですね。

 

妻が家事ができない

昔ほど“家事は女の仕事”とされているわけではありませんが、現実に結婚して夫婦の生活になると妻の側が家事の多くを担うことになります。

しかし結婚するまで実家暮らしだった女性は、ほとんどの家事を母親がやってくれていた人が多く、自分ではほぼ何もできなかったりします。

掃除、洗濯の段取りが悪い、ボタン付けもできない、簡単な料理もできない、つまり家事ができない妻だったっ売、夫としてはガッカリすることになります。

女性は結婚前に掃除、洗濯など少しずつでもやって要領を覚えていきましょう。

また食事も毎度毎度、コンビニ弁当や出前にするわけにはいきませんので、数週類でよいので何か料理を作れるようにしておきます。

 

妻の束縛が厳しい

結婚してからだけでなく結婚する前の交際しているころでも男性を束縛する傾向の女性はいます。

彼のことを思うあまり、何月何日にどこで何をするのか彼の行動予定をすべて把握したい衝動にかられるようになります。

結婚するとそれがエスカレートして、夫のスマホを無断でチェックしたり、朝、夫が会社に出かける際にも帰宅予定の時刻を確認したりします。

あまりに束縛されると男性としてもウンザリしてきますので、女性としてはもう少し彼を信頼して見守る姿勢になるのが良いです。

 

妻がワガママでお金がかかる

ワガママでお金がかかる妻は、結婚することがゴールだと思って婚活してきた女性に多いようです。

「結婚したら会社は辞めて専業主婦になる!」と宣言している女性も結婚がゴールだと思っています。

こんな女性が結婚すると次のような感じになります。

  • 夫が働いてる昼間に、自分は女性の友だちと食事や遊び、ヨガ、カルチャースクールなどに精を出す
  • 女性同士の付き合いが多く、グルメでブランド好きの高級志向になっていく
  • それらに必要なお金は、夫が働いて得たお金をとくに感謝するわけでもなく当然のことのように使う

ここまで極端な女性はそうそういないとは思いますが、男性としては「結婚は人生の墓場」です。

このような妻は、まずは“結婚生活はお互いが努力して助け合って作っていくもの”という意識を持つことが必要ですね。

間違っても“自分が楽しい生活が送れるよう夫に奉仕してもらうのが結婚生活”と勘違いしないようにします。

 

妻から大事にされない

よく女性(妻)は「夫のために料理を作っても、そのほか家事全般いろいろやっても夫から「ありがとう」の一言もない」などと言いますす。

同じことを男性(夫)の側も思っています。

「外で頑張って家族のために稼いでるのに「ありがとう」の一言もない」

お互いに当たり前すぎて感謝の言葉も出てこないのかもしれませんが、男性としては“妻から大事にされない”と感じるようです。

ただ子どもが生まれると状況は変わります。

女性は子どもが生まれると、そこから子どもが大人になって巣立っていくまでの20年以上、子ども中心に生きていきます。

その間は夫のことは二の次になります。

夫は妻を見てるのに、妻は子どもを向いている。

そんな状況です。

男性は甘えん坊の子どものような部分もありますのでスネてしまいます。

たまには夫のことも気遣ってあげましょう。

 

まとめ:結婚は人生の墓場と言うけれど

「結婚は人生の墓場」について、女性にも同じ思いがあることは承知で、今回は男性目線の内容でまとめてみました。

ここまでの内容を読むと、結婚なんて本当に人生の墓場のように思えてきて、独身の人はとても結婚する気にならないかもしれませんね。

でもお互いに不満や制約があって苦労しながらも、それを大きく上回る幸せが得られるのが結婚というものです。

結婚する意味が分からない人へ7つのヒント & 既婚者から見た鉄板4つ
結婚する意味が分からないという女性が増えています。ずっと昔なら経済力のない女性は生き延びるために当然のように男性と結婚して養ってもらってました。“家”を継続していくためにも男女が結婚して子どもを産むことは必要なことでした。しかし今では女性も仕事をして経済力を持つのが当たり前ですし、昔ほど“家”についての強制もなく結婚しない自由もあります。結婚について自由に考えられる時代になって、かえって意味が分からなくなったという人が増えているのもうなずけますね。この記事では結婚する意味を考えるヒントとして従来から語られている7つと、既婚者から見た鉄板の4つを紹介しますので参考にしてください。

たとえ時々ぶつかり合う相手であっても、この先何十年も、年老いても、そばにパートナーがいてくれることは何ものにも代えがたい幸せなのです。

この先何十年も続く人生、いろいろな問題が起きることでしょう。

とくに歳をとれば健康面や精神面、経済面で不安になったり気弱になることもあると思います。

そんなときでも二人なら支えあって助け合っていけます。

結婚はゴールではなく新しい生活の始まりです。

お互いに努力して協力すれば幸せな人生を築いていくことができます。

ぜひ結婚というものを前向きにとらえてください。

そしてどうしても相手が現れず「結婚めんどくさい!」と思ってしまったら下の記事の後半の対処法も参考にしてください。

⇒ 結婚めんどくさい!その理由と後悔しない対処法5つ 結婚どうする?

 

結婚に前向きに考えてみようと思ったら

「ひょっとして結婚するのもいいかも」と思ったら、まずは結婚相手と思える男性に巡り合うことから始めます。

男性との出会いのキッカケを増やすには下の記事が参考になります。

⇒ 結婚相手がいない女性が1年以内にプロポーズされる!5つの作戦を同時進行!

結婚相手がいない女性が1年以内にプロポーズされる!5つの作戦を同時進行!
「結婚相手がいない」と嘆く女性が意外に多いです。結婚したくないわけじゃないのに、なぜか結婚を考えられる相手が見つからない。職場や親戚の集まりで「結婚しないの?」「いつ結婚するの?」と声をかけられることが多くなった。周りの友人、知人が結婚していくので少し焦っている。そんな女性のために1年以内に結婚相手にしたい男性からプロポーズされるための5つの作戦を説明します。少しでも早く結婚相手を見つけたい人は参考にしてください。

⇒ 結婚相談所を無料で使う婚活の戦略は3つ! あなたはどのパターン?

結婚相談所を無料で使う婚活の戦略は3つ! あなたはどのパターン?
婚活をしている方にとって結婚相談所は大事な存在です。結婚相談所は料金の高い安いはありますが、ほとんどは有料サービスで、一部、無料サービスがあります。ただこの無料のサービスは、使う目的に応じて選ぶべきサービスや使い方が異なります。この記事では利用目的ごとの無料の結婚相談所サービスの使い方戦略をお伝えします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました