【 よく読まれている記事 】

婚活と恋活の違い 結婚相談所やパーティー、アプリ どう使い分ける?

恋人 婚活

男女の自然な出会いの場が減っていると言われている今、よく聞くようになった言葉が「婚活」と「恋活」。

似たような言葉ですが、どう違うのかご存知ですか?

簡単に言えば婚活は結婚相手を探す活動ですから、それなりの本気度や手順が必要になってきます。

これに対して恋活は恋人を作る活動ですので、もう少しゆったり気楽にできます。

 

婚活と恋活 自分の目的をハッキリさせよう!

恋人婚活と恋活、言葉だけでなく活動そのものも似ています。

その違いを説明します。

 

婚活は自然な恋愛とは違う

いずれは結婚したいと思っている人は多いと思います。

職場や学校、あるいは何かのイベントでたまたま知り合って、気づけば交際に発展し、やがて好き合って結婚。

そんなストーリーを思い浮かべるのではないでしょうか?

でも実際にはそんな物語のようなことは起きません。

そのような出会いの場は多くないですし、あったとしても、お互いが気に入る相手と巡り合えるとも限りません。

巡り合えたとしても、その相手のプロフィール(年収、職業など)が、あなたが結婚相手に希望する条件に合ってないかもしれません。

そもそも、その相手があなたとの結婚を考える保証もありません。

逆に結婚相手を求めている人たちだけが集まる出会いの場を意図的に作って、そこに入って、相手のプロフィールを知ったうえで結婚相手を探すのが婚活です。

結婚という目的に最短でたどり着くために自然な恋愛の“ムダ”な部分を省いた効率的な活動が婚活なのです。

 

恋活は恋愛につながる

これに対して恋活は恋人、あるいは異性の友人を作る活動です。

現状で恋人ができていない人は、今までと同じ環境で今までと同じように行動していても恋人候補は現れません。

恋人がほしければ、恋人を作ることを意識して行動しなければいけません

ただし目的はあくまでも恋人、異性の友人ですから婚活ほどには急ぐ必要はありません。

意識的に異性との出会いの場に参加しながら、気の合う異性が現れるまでゆったり活動できます。

気の合いそうな異性に巡り合えたら、そこから恋愛に発展するかどうかは、あなた次第です。

 

婚活と恋活の違いを比較

ここで婚活と恋活の違いを簡単に表にしてみます。

婚活 恋活
目的 結婚相手を見つける 恋人、異性の友人を見つける
主な年代 20代後半~40代 20代、30代
ポイント 年令、職業、年収など 気が合う、楽しい
向いてる人 早く結婚したい
早く子どもがほしい
親に結婚をせかされている
彼氏、彼女がほしい
まだ結婚までは考えていない
異性の友人がほしい
恋愛にあこがれている

 

自分の目的をハッキリさせよう

婚活も恋活も異性と親しくなりたいのは同じですが、上に書きましたように明確な違いもあります。

あなたの目的が結婚相手を見つけることなのか、あるいは恋人や異性の友人を見つけることなのか、まずそれをハッキリさせましょう。

婚活目的なのに恋活の場に入っていったり、逆に恋活目的なのに婚活の場に入っていくようなことは避けましょう。

例えば、結婚を考えて半年も交際したあげくに、相手に結婚の意思が無いことが分かって、その半年をムダにしてしまったなどということも起きかねません。

目的が相手と合っていないとお互いに不幸です。

まずは自分の目的をハッキリさせたうえで婚活または恋活をスタートします。

 

婚活の方法

恋人婚活を行うには次にような方法があります。

  • 周りの協力を得る
  • 婚活アプリ・婚活サイトを利用する
  • 婚活パーティー・街コンに参加する
  • 結婚相談所に入会する

 

周りの協力を得る

友人、知人の協力を得られそうなら、異性を紹介してもらうことも考えられます。

ふだん付き合っている友人、知人だけでなく、職場の上司や、昔ほどで多くないですが世話好きな親戚など、できる範囲で当たってみます。

 

婚活アプリ・婚活サイトを利用する

今はインターネットでも相手を探すことができます。

とても多くの婚活サイト、婚活アプリがありますが、多くは月会費数千円で利用できます。無料の場合もあります。

同じように恋活目的の恋活サイト、恋活アプリもありますので、間違えないよう内容を確認して利用します。

婚活サイト、婚活アプリは24時間手軽に利用できるので忙しくて時間がない人でも効率的に婚活を進められます。

ただし見つけた相手とコンタクトを取ったり、実際に会う場のセッティングは自分で行う必要がありますので自分から積極的に動ける人に向いてます。

 

婚活パーティー・街コンに参加する

いまや全国で婚活パーティーや街コンが開催されていて、その情報を公開しているサイトもたくさんあります。

こちらも婚活目的のイベントなのか恋活目的のイベントなのかを確認して参加します。

婚活目的のイベントの方が異性と1対1で話せるシチュエーションが設定されていることが多く、よりカップルになれる確率が高いです。

 

結婚相談所に入会する

もっとも早く結婚にたどり着く可能性が高いのが結婚相談所です。

他の婚活に比べて少し費用もかかりますが、それだけに真剣に結婚を考える会員が多く入会しています。

なお結婚相談所ごとにサービス内容や料金に違いがありますし、出会いの数つながる会員数にも違いがあります。

見つけた結婚相談所にいきなり入会するのではなく、まずは下の記事で大まかな傾向を理解してください。

⇒ 結婚相談所の料金の違いはなぜ?理由を解説!あなたはどこを選ぶ?

結婚相談所の料金の違いはなぜ?理由を解説!あなたはどこを選ぶ?
結婚相談所の料金は無料の結婚相談所は別としても、とても幅があります。年間にかかる費用は安い結婚相談所なら10万円台ですが、高いところは60万円、70万円かかります。その料金の違いはサービス内容にありました。自分から積極的に相手を探しにいくあなたには、料金が安めのデータマッチング型の結婚相談所がオススメです。逆にカウンセラーにしっかりサポートしてほしいあなたには、料金が高めですが仲人型の結婚相談所がオススメです。

 

そしてそれぞれの結婚相談所の無料サービスを利用して自分に合う結婚相談所を見つけるようにします。

これについては下の記事で説明していますので一読しておいてください。

⇒ 結婚相談所を無料で使う婚活の戦略は3つ! あなたはどのパターン?

結婚相談所を無料で使う婚活の戦略は3つ! あなたはどのパターン?
婚活をしている方にとって結婚相談所は大事な存在です。結婚相談所は料金の高い安いはありますが、ほとんどは有料サービスで、一部、無料サービスがあります。ただこの無料のサービスは、使う目的に応じて選ぶべきサービスや使い方が異なります。この記事では利用目的ごとの無料の結婚相談所サービスの使い方戦略をお伝えします。

 

恋活の方法

恋人婚活を行うには次にような方法があります。

  • 周りの協力を得る
  • 恋活アプリ・恋活サイトを利用する
  • 恋活パーティー・街コンに参加する

 

周りの協力を得る

友人、知人の協力を得られそうなら、異性を紹介してもらうことも考えられます。

あるいは友人といっしょに合コンを企画しても良いかもしれません。

できる範囲で可能性を広げます。

 

恋活アプリ・恋活サイトを利用する

婚活の場合と同様、とても多くの婚活サイト、婚活アプリがありますが料金は婚活の場合よりも一般的に安めです。

そして同様に、24時間手軽に利用できるので忙しくて時間がない人でも効率的に婚活を進められますが、見つけたあとは自分で積極的に動く必要があります。

また婚活のアプリ、サイトほどには身元のチェックを厳しく行っていなことも多く、それを承知のうえで利用するようにします。

 

恋活パーティー・街コンに参加する

恋活についても全国で恋活パーティーや街コンが開催されていて、その情報を公開しているサイトもたくさんあります。

こちらも恋活目的のイベントなのか婚活目的のイベントなのかを確認して参加します。

恋活目的のイベントはとくに異性と1対1で話せるシチュエーションが設定されていないことが多いです。

逆に、男女の集団で行動する中で自然に会話ができる雰囲気になります。

 

まとめ

婚活の目的は結婚相手を見つけること、恋活の目的は恋人や異性の友人を見つけることです。

この違いを“あいまい”にしたまま行動すると、時間やお金をムダにしたり、付き合ってくれた相手に迷惑をかけてしまうこともあります。

自分の目的をハッキリさせて取り組んでください。

なお婚活目的なら、下の記事は結婚相談所にアプローチするのに参考になる記事ですので、ぜひチェックしてみてください。

⇒ 結婚相談所を無料で使う婚活の戦略は3つ! あなたはどのパターン?

結婚相談所を無料で使う婚活の戦略は3つ! あなたはどのパターン?
婚活をしている方にとって結婚相談所は大事な存在です。結婚相談所は料金の高い安いはありますが、ほとんどは有料サービスで、一部、無料サービスがあります。ただこの無料のサービスは、使う目的に応じて選ぶべきサービスや使い方が異なります。この記事では利用目的ごとの無料の結婚相談所サービスの使い方戦略をお伝えします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました